東西軍旅行團內的..怎麼節目這麼久了,台灣才在播

「壬生寺(みぶでら)」

平安時代に創建された寺。近藤勇の胸像と、芹沢鴨ほか隊士たちの墓がある。新撰組の誕生から、拠点を伏見に移すまでの間、境内は軍事訓練に使用されていた。
住所=京都府京都市中京区坊城通り仏光寺北入ル
電話=075-841-3381
<その他>
境内自由(壬生塚参拝料100円)
営業時間=8:30~16:30
休業日=無休
ホームページ http://www.kyoto.zaq.ne.jp/mibu

「八木邸」

新撰組の最初の屯所となった屋敷。1863年に起きた「芹沢鴨暗殺事件」の現場でもある。京都市指定有形文化財。
住所=京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町24
電話=075-841-0751
<その他>
見学料=大人1000円(抹茶・屯所餅付)/中高生(拝観のみ)600円
営業時間=9:00~17:00(受付は16:30まで)
営業時間=11:00~14:30/17:00~
休業日=不定休
ホームページ
 http://www.mibu-yagike.jp (八木家)
 http://www.kyototsuruya.co.jp (京都鶴屋)

「左阿彌(さあみ)」

織田信長と縁の深い寺を改装した老舗料亭(創業1849年)。「ちらし蒸し寿司」は創業当初からあるメニューで、新撰組の局長・近藤勇も食べていたとされる。
住所=京都府京都市東山区祇園円山公園内
電話=075-531-0088
<その他>
「京懐石」12075円(昼・夜とも)
営業時間=11:30~14:30(13:30ラストオーダー)
16:30~21:30(19:30ラストオーダー)
休業日=無休

「上木屋町 幾松(いくまつ)」

老舗の割烹旅館。長州藩の控屋敷として建てられた建物を旅館に改装した。敵の攻撃から逃げるため、各所に様々なカラクリがほどこされている。
住所=京都府京都市中京区木屋町通り御池上ル
電話=075-231-1234
<その他>
「東山」(2名利用時1名)50000円~
休業日=年末12/27~30まで
ホームページ http://www.ikumatsu.com

「寺田屋」

坂本龍馬が同志を集め、倒幕の計画を練った宿。1866年に伏見奉行所の幕吏が踏み込んだ「寺田屋 龍馬襲撃事件」の現場となる。龍馬が発砲した弾痕も残っている。
住所=京都府京都市伏見区南浜町263
電話=受付075-622-0243/宿泊専用075-622-0252
<その他>
1泊素泊り6500円
見学料金=大人400円/中高大学生300円/小学生200円
営業時間=10:00~16:00(15:40受付終了)
休業日=不定休

「鳥彌三(とりやさ)」

坂本龍馬が通っていた鶏専門料理店。登録有形文化財になっている建物は、龍馬が通っていた頃のまま。創業当時からレシピを変えていない鶏料理が味わえ、それは龍馬も食べた味。
住所=京都府京都市下京区木屋町通り団栗下ル
電話=075-351-0555
<その他>
「水炊きコース」10500円(サービス料別)
営業時間=11:30~22:00(21:00ラストオーダー)
休業日=不定休


「近江屋跡地」

1867年、坂本龍馬が暗殺された「近江屋」の跡地。京都の繁華街、四条河原町の一角にポツリと建っている。
住所=京都府京都市中京区河原町通り蛸薬師下ル塩屋町

 

「お食事処つたや」

太秦撮影所近くの老舗食堂。そうそうたる顔ぶれの名優たちが、今も昔も通っている。勝新太郎もよく通い、人前ではけっして食べなかった大好物のオムライスを注文していた。
住所=京都府京都市右京区太秦堀ケ内町31
電話=075-861-0947
<その他>
「カレーライス」730円/「肉うどん」630円
/「オムライス」820円/「衣笠丼」630円
営業時間=11:00~19:00
休業日=日曜

「京の宿 石原」

映画「影武者」のロケハン時に泊まって以来、黒澤明監督が定宿にした宿。黒澤監督が泊まった部屋は「黒澤ルーム」となり、現在は一般の人も泊まれる。
住所=京都府京都市中京区柳馬場通姉小路上る76
電話=075-221-5612
<その他>
1泊朝食付き2名利用時1名12600円~
「黒澤ルーム」(上賀茂の間)1泊朝食付き2名利用時1名12600円~

「焼肉 有楽(ゆうらく)」

松田優作が通った焼肉店。1週間に3回、1人だけで食べに来たこともあるという。塩タンとテールスープがうまいと、全国的に知られる店でもある。
住所=京都府京都市右京区西院三蔵町8
電話=075-311-3754
<その他>
「生レバー」840円/「上バラ」1470円/「てっちゃん」735円
/「ホルモン」682円/「テールスープ」840円/「ライス」200円
営業時間=17:00~23:00
休業日=月曜

「平野屋(ひらのや)」

創業400年、夏の鮎料理が有名な店。美空ひばりも毎年この店で鮎を食べるのを楽しみにしていたという。もうひとつの店名物、米粉で作った団子「しんことおうす」も食べていた。
住所=京都府京都市右京区嵯峨鳥居本仙翁町16
電話=075-861-0359
<その他>
「しんことおうす」(さくら茶付)840円
営業時間=11:30~21:00
ホームページ http://www13.ocn.ne.jp/~a0359/

 

「嵯峨野観光鉄道」

嵯峨野を走るトロッコ列車。JR嵯峨嵐山駅近くの駅「嵯峨」を出発して、「嵐山」「保津峡」「亀岡」の間を走る。
電話=075-861-7444
<その他>
大人600円/子供300円

「すみや 亀峰菴(きほうあん)」

京の奥座敷と呼ばれる「湯の花温泉」の宿。日帰りで温泉とランチを楽しむこともできる。ジョン・レノンとオノ・ヨーコが突然訪ねてきて、食事と温泉を楽しんだという。
住所=京都府亀岡市?田野町柿花宮ノ奥25
電話=0771-22-0394
<その他>
「穂波」1泊2食付き2名利用時1名42150円
「通常客室」1泊2食付き2名利用時1名25350円
昼の馳走「里の春」6825円(ステーキの場合8400円)
※昼食&入浴の場合6975円(ステーキの場合8550円)
ホームページ http://www.sumiya.ne.jp


「番頭はん」山形屋 市兵衛(やまがたや いちべい)

江戸時代の人たちの顔をチョコレートで描いた菓子パン。特製カスタードチョコがパンの中にたっぷり詰まっている。お店は「寺田屋」から徒歩約2分の距離。
住所=京都府京都市伏見区京橋町303
電話=075-601-4062
<その他>
「番頭はん」136円
営業時間=6:30~20:30
休業日=水・木曜
ホームページ http://homepage2.nifty.com/yamagataya/

morgan1125 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()